バリカタ日記

書きたいものを思った事をそのまま書くブログです!!

ハンドボールって面白い!楽しい!#4

こんばんは!ハタです。

皆さん如何お過ごしでしょうか… 相変わらず私は元気です!

 

 今日のブログのテーマはハンドボールなぜなのか?それは私が中高大と「ハンドボール」をやってきたからである。まだ日本ではマイナーなスポーツであるが、魅力を知ってしまうとあなたもトリコになるはず…ということで今日は私が感じる「ハンドボール」の魅力というものをお話していきたいと考えている…

 

 まず、「ハンドボール」とは7人vs7人で行うスポーツでフィールドプレーヤーが6人でゴールキーパーが1人で試合を行う。キーパーは体全体を使っていいがフィールドプレーヤーは足にボールが当たると反則となる。要するに(サッカー+バスケ÷2)という考え方といったら分かりやすいだろうか。ちなみに私はゴールキーパーをしているが未だにシュートのスピードが早いシューターは少し恐怖感を覚えてしまう…

 「ハンドボール」の1番の魅力は試合中のスピード感ではないかと私は感じる。片方のチームが点を取った30秒後にはもう片方のチームが点を決めるシーンが多々ありとても面白い。チームでの息の合ったプレーも醍醐味だがプレーヤー個人のテクニックも見物である。例えば普通にシュートを打たずにわざとスピンをかけてみたりや、キーパーとフィールドプレーヤーの1対1の攻防で飛び出すビッグプレーなどは迫力満点だ

 

 しかし練習は走る事がメインになる。相手に走り負けないというのもハンドボールでは重要なことだ、とはいっても私は走る事が苦手であり中高の部活でも足の速さはかなり遅い方だった。今でも足は速くなりたいと思っている(笑)

 

 ハンドボールはヨーロッパで凄く盛んであり、最初に書いた通り日本ではマイナーだ。しかし日本でもハンドボールのリーグが存在する。実は私も高校時代に観戦したことがあるが、やはりスピード感が学生とは比べ物ならないと感じた。これが世界となると驚くようなスピード感と技術が見られる、それを見られるのが来年に迫っている。そうだ、2020年の東京オリンピックである。私もとてもワクワクしている。

 

 今日学生ハンドとしての最後の試合になろうともいえる試合だったが、やはりハンドボールは面白い、楽しいそう思えた1日、これからもハンドボールをやる機会があればやっていきたい。でも個人的には草野球もやりたい(笑)観るのが好きだとその競技をやりたくなる。それは何の競技であっても同じだと私は感じる。。一緒にやってきたチームのみんなありがとう。まだ長くやりたい気持ちはあるけど一旦お別れかな。

 

 今日は世界選手権の試合とスーパープレイ集の動画を貼っておくので是非ハンドボールの凄さを体感してみてください!

 

 今日は以上になります!ありがとうございました!!(19/11/03)

 

 

 


【世界選手権2019】セルビアvsコリア ハイライト(ハンドボール)


【ハンドボール】素人でも分かるスーパーゴール集【神業】